【簡単】お手軽な「親子丼」の作り方・レシピ/味付けは白だしのみ!

○ごはん・丼物
スポンサーリンク

ようこそ、「ムク家のごはんブログ」へ!

本日は「親子丼」のレシピを紹介します。

調味料が1つのみとなっている超絶簡単な親子丼となっております。

具材はシンプルに鶏肉と玉ねぎ!

卵は2つ使っているのでとてもとろとろ(*´▽`*)

今回親子丼を作る経緯としまして、以前外食で食べた親子丼がとてもおいしかったので、自分でも作ってみようと思ったのが理由です。

是非参考にしていただければ幸いです!

親子丼
親子丼

スポンサーリンク

親子丼の作り方 ~材料と下ごしらえ編~

調理時間:10分

まず初めに材料と下ごしらえの紹介をします。

本日の分量は1人分となっていますのでご注意ください。

材 料 ( 1 人 分 )

  • 鶏もも肉・・・約150g
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 小ねぎ・・・お好みで
  • 卵・・・2個
  • ご飯・・・約200g
(A)だし
  • 白だし・・・50ml
  • 水・・・100ml
  • サラダ油・・・大匙1

下 ご し ら え

  • 鶏もも肉
    • 余分な脂や筋、骨、血を取り除いて食べやすい大きさに切ります。
  • 玉ねぎ
    • 薄くスライスします。
  • 小ねぎ
    • 小口切りにします。
    • 溶いておきます。
スポンサーリンク

親子丼の作り方 ~調理編~

  1. フライパンにサラダ油をしいて中火で熱し、鶏肉を炒めます。
  2. 鶏肉の色が変わったら玉ねぎをいれてさらに炒めます。
  3. 白だし50mlと水100mlをいれてふつふつとしてきたら火を弱め、卵を半量入れて1分間蓋をします。
  4. 蓋を開けて残りの卵を入れて軽く火を通し、火を止めます。
  5. 器にご飯を盛り、4を上からかけて小ねぎを散らします。

ポイント

最後に本日の料理のポイントをまとめていきます!

鶏肉
  • 残っているの骨や筋を取り除くことで食感がよくなり、余分な脂や血を落とすことで臭みを抑えることができます。
玉ねぎ
  • 繊維に沿って切ると火を通しても型崩れしにくく、シャキシャキとした食感が出やすくなります。反対に、繊維に対して垂直に切ることによって水分が出て、柔らかくなります。お好みの切り方で試してください。
  • 卵を2回に分けて入れることでふわとろの状態にすることができます。あまり火にかけると卵がかたまってしまうので火は弱め&短時間で。

まとめ

以上、「親子丼」の作り方・レシピ紹介でした!

本日の料理がいいなと思った方は試してみてください!

今夜のおかずにいかがでしょうか?

それでは、また会いましょう!!

国内No.1産直ECサイト【食べチョク】で農家漁師のこだわり食材を注文する

コメント

タイトルとURLをコピーしました