カリッとジューシーに!「鶏もも肉の唐揚げ」の作り方・レシピ

○肉のおかず
スポンサーリンク

ようこそ、「ムク家のごはんブログ」へ!

本日ご紹介するレシピはこちら⤵

鶏もも肉のから揚げ
鶏もも肉のから揚げ

「鶏もも肉のから揚げ」です!

唐揚げは皆が大好きな食べ物なのではないでしょうか?

作り方は非常に簡単ですが、いかにおいしい唐揚げを作れるかがポイントとなります。

下準備や揚げ方を工夫することでジューシーでカリカリな唐揚げを作ることができます。

今回はそれらも合わせてご紹介していきます。

それではレシピを紹介していきたいと、思います!

スポンサーリンク

材料(2人分)

時間:30分(漬け込み時間除く)

本日の材料はこちら!

  • 鶏もも肉(約250~300g)・・・1枚
  • 片栗粉・・・50g
  • 小麦粉・・・50g
  • 揚げ油・・・適量
(A)ブライン液
  • 水・・・300㎖
  • 塩・・・6g
(B)タレ
  • 酒、醤油・・・大匙1
  • おろし生姜、にんにく・・・小匙1/2
  • レタス・・・1枚
  • サニーレタス・・・1枚
  • フリルレタス・・・1枚
  • にんじん・・・1/3本
  • トマト・・・1/2個
  • レモン・・・1/4個
スポンサーリンク

下ごしらえ

鶏肉
  • 鶏肉の脂や筋、残っている骨や血を取り除いて大きめに切ります。(今回は10切れ取れました。)
  • ボウルに(A)を混ぜ合わせ、鶏肉を入れてラップをして冷蔵庫で1時間漬けます。
  • ポリ袋に(B)をいれて混ぜ合わせます。
  • 鶏肉を取り出して水気をしっかりふき取り、(B)に入れて揉み込んで味をつけます。
  • 鶏肉に片栗粉と小麦粉を混ぜたものをつけて、余分な粉を落とします。
野菜類
  • レタス類をお好みの大きさに切り、約50℃のお湯を準備して3分ほどつけます。
  • お湯からあげて冷水に2分ほど浸し、水気を切ります。
  • にんじんは多機能スライサーでつま切りにします。
  • トマトはくし切りにします。
  • レモンはくし切りにし、種と白い筋を取ります。

作り方

  1. 小さめの鍋に2cmほど油を入れて170°Cまで熱し、鶏肉を入れます。
  2. 最初の2分程は触らずに、その後鶏肉同士がくっついていたらはずします。
  3. 途中で鶏肉を油から出して空気に触れさせます。
  4. きつね色に色が付き、カリッと揚がったら油からあげます。

料理のあれこれ

鶏肉の下ごしらえ
  • Q. 鶏肉の脂などを取る理由は?
  • A. 残っている脂や血は臭みの原因となり、骨(軟骨)や筋は食べた時に口の中に残ってしまうからです。
  • Q. ブライン液って?どんな役割があるの?
  • A. 元々「塩を溶かした水」のことを指す言葉で、塩水、または塩水につけるという意味を持ちます。塩が肉のたんぱく質を分解することで中に水分が入っていき、肉を柔らかくします。

ブライン液とは?ブライン液を使ったレシピもご紹介!

https://delishkitchen.tv/articles/113
  • Q. レタス類をお湯につけるのはなぜ?
  • A. レタスは包丁で切ると断面が赤くなっていきます。その変色を防ぐ効果と、えぐみを取る効果があります。
  • Q. 途中で鶏肉を油から出すのは?
  • A. 空気に触れさせることでカリッと仕上がります。
レタスの下ごしらえ
  • Q. レタス類をお湯につけるのはなぜ?
  • A. レタスは包丁で切ると断面が赤くなっていきます。その変色を防ぐ効果と、えぐみを取る効果があります。

おすすめ調理器具

本日使用した調理器具をご紹介します!

(1)5way多機能野菜スライサー

1個で5つの機能を持ったスライサーです!

①スライス、②おろし、③千切り、④つま切り、⑤しぼり

1つあるだけで様々な手間が省け、難しい千切りやつま切りも可能です!

本体が細長タイプなので場所も取りません。

(2)鉄製 両手天ぷら鍋16cm(揚げ網付き)

小さいサイズなので少量の揚げ物や一人暮らしの方にぴったり!

ガス火、IHどちらにも対応しています。

揚げ網もついているので揚げた後にのせれます!

ただし、温度計はついていないので別で買う必要があります。

まとめ

以上、「鶏もも肉の唐揚げ」のレシピ紹介でした!

本日の料理がいいなと思った方は試してみてください!

今夜のおかずにいかがでしょうか?

それでは、また会いましょう!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました