夏野菜で彩り豊か!「夏野菜と鶏肉の炒め煮」の作り方・レシピ

○肉のおかず
スポンサーリンク

ようこそ、「ムク家のごはんブログ」へ!

本日ご紹介するレシピはこちら⤵

鶏もも肉とたっぷり夏野菜の炒め煮
夏野菜と鶏肉の炒め煮

夏野菜がたっぷり入った「夏野菜と鶏肉の炒め煮の炒め煮」です!

野菜はピーマン、パプリカ、茄子、かぼちゃ、アスパラガスを使って彩りを良くしています。

炒めた後に煮る作業を行い、どちらかというとさっぱりとした味になります。

暑さに負けないよう、たくさん食べましょう!

それでは、レシピを紹介していきす!

スポンサーリンク

材料(2人分)

時間:約30

本日の材料はこちら!                        

  • 鶏もも肉(250~300g)・・・1枚
  • ピーマン・・・1個
  • パプリカ・・・1/2個
  • 揚げ茄子(冷凍)・・・100g
  • かぼちゃ・・・100g
  • アスパラガス(冷凍)・・・50g
  • ごま油・・・大匙1/2
  • 水・・・300ml
(A)
  • 醤油、味醂・・・各大匙2
スポンサーリンク

下ごしらえ

  • ピーマンとパプリカは種とわたを取り、乱切りにします。
  • 揚げ茄子は耐熱容器に入れてふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で40秒加熱します。大きければ食べやすいサイズに切ります。
  • かぼちゃは種とわたを取って皮を剥き、食べやすい大きさに切ります。
  • 鶏肉は筋、余分な脂と皮を取り除きます。
  • (A)を混ぜ合わせます。

作り方

  1. 冷たい状態のフライパンにごま油をしき、鶏肉の皮目を下にして中火で加熱します。
  2. 脂が出てきたら都度ふき取り、7割ほど白くなったら裏返して2分焼きます。
  3. 一度取り出し、粗熱が取れてから1口大の大きさに切ります。
  4. 同じフライパンにかぼちゃを入れ、焼き目がついたら残りの野菜を炒めます。
  5. 水を入れて煮立ったら蓋をして5分煮ます。
  6. (A)を入れて10分程煮ます。

料理のなぜ?

  • Q. 夏野菜の中にかぼちゃが入っているのは何故?
  • A. かぼちゃは寒い時期の野菜というイメージがありますが、収穫時期が4月~9月頃なので夏野菜になります。しかし、採れたてよりも数日間保管(追熟)した方がおいしくなり、旬は秋~冬になります。
  • Q. 先に鶏肉だけを焼いたのは何故?
  • A. 鶏肉の皮にパリパリ感が欲しかったのと、鶏肉の多すぎる脂を先に取り除くためです。

まとめ

以上、「夏野菜と鶏肉の炒め煮」のレシピでした!

本日の料理がいいなと思った方は試してみてください!

今夜のおかずにいかがでしょうか?

それでは、また会いましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました