ささみのムニエルの作り方・レシピ/ひと手間加えておいしさUP!

○肉のおかず
スポンサーリンク

ようこそ、「ムク家のごはんブログ」へ!

本日は「ささみのムニエル」のレシピを紹介します。

ささみは淡白な味でクセがなく、脂肪も少ない部位となっています。

肉質は柔らかいですが、むね肉同様焼くとぱさぱさになってしまいます。

しかし、ある工程を行うことでしっとりした仕上がりに!

また、ムニエルにひと手間加えることでより風味がアップします。

是非参考にしていただければ幸いです!!

ささみのムニエル
ささみのムニエル

スポンサーリンク

ささみのムニエルの作り方 ~材料と下ごしらえ編~

調理時間:約25分

まず初めに材料と下ごしらえの紹介をします。

材 料 (2人分)

  • ささみ(約55g)・・・4本
  • 小麦粉・・・大匙1
  • オリーブオイル・・・小匙1
  • バター・・・15g
  • キャベツ(千切り)・・・1/6個
  • きゅうり(スライス)・・・1/4本
(A)下ごしらえ用
  • 酒・・・大匙1
  • 塩・・・2.2g

下 ご し ら え

  • ささみ
    • 筋や膜を取り、(A)をかけて15分置きます。
    • ペーパータオルで水分をふき取り、小麦粉をまぶして余分な粉は落とします。
  • きゅうり
    • ピーラーでスライスします。

スポンサーリンク

ささみのムニエルの作り方 ~調理編~

  1. 冷たい状態のフライパンにオリーブオイルを入れてささみを置き、火にかけます。
  2. 焼き色がついたら裏返し、バターを加えて2~3分焼きます。
  3. 焼いている時は、バターをスプーンですくってかけながら焼いていきます。
  4. 火を止めて取り出し、ペーパータオルで余分な油をとります。
  5. 器に4とキャベツ、きゅうりを盛り付けます。

ポイント

最後に本日の料理のポイントをまとめていきます!

ささみ
  • 塩と酒をかけることでささみの臭み抜きになります。
  • 加熱の工程でささみの中の水分が抜けていくため、酒をかけることで保湿性が高まり柔らかくジューシーになります。
  • 小麦粉をまぶすことで以下のメリットがあります。
    1. お肉のうまみを閉じ込めてくれます。
    2. 焼けることで香ばしい香りと旨味が出てきます。
バター
  • バターは焦げやすいので、初めは入れずに途中から入れます。
  • 加熱している時はフライパンを時々ゆすり、油脂の温度を一定に保ちます。

まとめ

以上、「ささみのムニエル」のレシピでした!

本日の料理がいいなと思った方は試してみてください!

今回のレシピが参考になれば幸いです。

それでは、また会いましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました