北海道郷土料理をアレンジ!「ぶりのちゃんちゃん焼き」の作り方・レシピ

▸魚類
スポンサーリンク

ようこそ、「ムク家のごはんブログ」へ!

本日ご紹介するレシピはこちら⤵

「ぶりのちゃんちゃん焼き」です。

ちゃんちゃん焼きは北海道の郷土料理で本来は鮭を使いますが、今回は半額となっていたぶりの切身で作ってみました!

本来ぶりは冬が旬となっていますが、それでも脂はありおいしくいただくことができました!

野菜もたくさんとれるのでおすすめの1品です。

それではさっそくレシピを紹介していきましょう!

材料(2人分)

本日の材料はこちら!

  • ぶりの切身(約80g)・・・2切れ
  • じゃがいも・・・1個
  • 新玉ねぎ・・・1/2個
  • にんじん・・・1/2本
  • 春キャベツ・・・1/4玉
  • サラダ油・・・大匙1
  • バター・・・大匙1
  • 塩(下ごしらえ用)・・・小匙1/2
  • 塩コショウ・・・少々
(A)タレ
  • 味噌・・・大匙2
  • 砂糖・・・大匙1と1/3
  • 料理酒・・・大匙1
  • みりん・・・小匙2
  • にんにくチューブ・・・小匙1/3

作り方

  1. ぶりの切身に塩(下ごしらえ用)を両面にふりかけて10分置いておきます。
  2. 10分経ったらキッチンペーパーで水分をふき取り、塩こしょうを振ります。
  3. じゃがいもの皮と芽を取って半分に切り、半月切りにします。
  4. 新玉ねぎはくし形に切り、春キャベツはざく切りにします。
  5. にんじんは縦半分に切り、薄くスライスします。
  6. (A)のタレを混ぜ合わせます。
  7. フライパンにサラダ油をしいて熱し、ブリをのせ、空いているところにじゃがいもを置きます。
  8. 焼き目がついたら裏返します。
  9. 4と5を入れて蓋をして5分ほど蒸し焼きにします。
  10. 蓋をはずして6をかけ、再度蓋をして2分蒸し焼きにします。
  11. 蓋をはずして火を止め、バターを入れて余熱で溶かします。

ポイント

ぶり
  • 塩をふることで魚の中の余計な水分や臭みを含む水分が浸透圧で出てきます。その水分をふき取ることで魚の臭みをとることができます。
じゃがいも
  • じゃがいもの種類は男爵がおすすめです。
  • じゃがいもの芽にはソラニンという天然毒素が多く含まれています。芽が出ていたら深くまで取るようにしましょう。

まとめ

以上、「ぶりのちゃんちゃん焼き」でした!

本日の料理がいいなと思った方は是非試してみてください!

今回のレシピが参考になれば幸いです。

それでは、また会いましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました